イタリアン・グレーハウンドの飼い方

飼い方

イタリアン・グレーハウンド(イタグレ)、ラルンの飼い主「こー」です。

子供の頃から犬と暮らしてきましたが、イタリアン・グレーハウンドは飼い始めて日が浅いため、ラルンを迎える前に気になっていたことなどを簡単にまとめました。

イタリアン・グレーハウンドのお迎えを検討している方や、どんな犬種なのかちょっとだけ知りたい方の参考になれば嬉しいです。

まずはラルン、皆さんにご挨拶!

こんにちは、イタリアン・グレーハウンドのラルンです!
まだ5か月のパピーです。(2020年9月時点)

今回の記事ではイタリアン・グレーハウンドについて一般的な知識やラルンを迎えての実体験を少しだけまとめています。

イタリアン・グレーハウンドってどんな犬?

イタリアン・グレーハウンドはイタリア原産の小型のグレーハウンドです。性格は穏やかで優しく、体重は5キロ程度が標準なこともあり、室内での飼育がしやすい犬種です。

見た目

見た目はお腹がきゅっと引き締まったスリムな体、まっすぐで細長い脚、すっと伸びるしっぽが特徴的です。中でも後ろに折り重なるように倒れている耳はローズイヤーと呼ばれ、スリムな体型と並ぶイタリアン・グレーハウンドならではの魅力です。

ぼくの耳は前に倒れたり、右になびくように傾いたり、内側に集まったり、変な向きによくなっているけど成長途中だとよくある事だから気にしないでね!

イタグレの耳

お手入れ

短毛で抜け毛もそこまで多くないため軟らかいブラシや濡れタオルで体を拭いてあげる程度で大丈夫です。

イタリアン・グレーハウンドは頭が小さく首輪が抜けやすいため、ハーネスやハーフチョークなどがおすすめです。また、とても寒がりなため冬の散歩は暖かい服を着せましょう。運動量が必要な犬種なため毎日のお散歩は欠かさず、可能であればドッグランで走らせてあげるとストレスも溜まりにくいです。

注意点

骨折

イタリアン・グレーハウンドは短毛で皮下脂肪が少ない上に、脚やしっぽが細いため骨折してしまう子がとても多い犬種です。病院によっては数十万かかることもあるため骨折しないように気を付けるのはもちろんですが、ペット保険に入っておくのもおすすめです。

歯周病

イタリアン・グレーハウンドは唾液が少なく小さいあごに歯が密集しているため歯周病になりやすい犬種です。きちんと歯磨きをしないと歯石がたまってしまい、除去するには動物病院で全身麻酔をした上での施術となるためこまめに歯磨きをして歯石をためないようにしましょう。

僕たちイタリアン・グレーハウンドは、脚やしっぽを骨折しやすいから抱っこしたときや家の中で興奮したときは、落としたり壁にぶつからないように気を付けてね!

ラルンは
・家の中で走り回って、壁に激突→深夜の救急病院
・ドッグランで大暴走→切り株のベンチに激突や他のワンちゃんに激突
という経験があります。
幸い大きなケガや骨折には至りませんでしたが、何度もヒヤッとさせられました…

まとめ

イタリアン・グレーハウンドは温厚な性格で抜け毛も少なく、体格も大きくないことから室内でもとても飼いやすい犬種です。ですが毎日のお散歩や骨折のリスクが他の犬種より高いため、「遊んであげる時間が確保できるか」「万が一の医療費に備えられるか」など考えた上でお迎えを決めましょう。

ラルンをお迎えしての個人的な感想は「イタグレ可愛すぎ!」です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました